草刈り

梅雨明けもしていよいよ夏。

夏になると増える作業が「草刈り」です。
日本は植物がよく育つ国だなあと、実感します。
そして、この草刈りという作業は、奥が深いです。

P5251820

私たちが目指す草刈りとは・・・
生物多様性を保全する草刈り!
ただきれいに刈っていると、どんどん生き物がいなくなってしまいます。
生物多様性を保全する草刈りとは、やりすぎないことかなと思いますが、
草刈り機を手にすると、ついつい、バリバリと刈りたくなってしまいます。
良い加減で草刈りするのって、本当に難しいです。

今日も、ビオトープで試行錯誤中です。

|

小諸ツリーハウスプロジェクトに行ってきました

5月12日 小諸市にある安藤百福センターで開催された
小諸ツリーハウスプロジェクト「森の生きものがたり」に行ってきました!

仕事でも協力させていただいているビオトープエリアでは、
海野和夫さん監修のもと、昨年からチョウを中心とした昆虫たちのすみかを作るため、
食草や吸蜜植物の植栽イベントが行われていました。
P5121636


私はアザミを植えました。
ビオトープになる前のクズのツルやニセアカシアの稚樹に覆われていた場所を知っているだけに、
「なんということでしょう!」な変わりようでした。
重機は入らず、人力だけで行われた作業。
我が家の庭づくりにも取り入れられそうな工夫がたくさんありました。
これはトカゲアパートでしょうか?マネしたいです!
P5251791

ビオトープというよりは、ビオガーデンといった方がいいのかなと思いましたが、
生物多様性に配慮した素敵なお庭、の今後が楽しみです。

午後はツリーハウスに上がったり、さまざまなワークショップを楽しみました。
息子は林の中のけものの痕跡さがし、娘は葉っぱの貼り絵が楽しかったそうです。
あと、チキンラーメン雑炊も(日清さんご馳走様でした)。
私はこれにびっくりしました。
P5121651

私は小諸市民ながら、初めて参加させてもらいました。
おしゃれで素敵な空間で、ただただ驚きと感動。
近年各地でアート+自然のイベントが開催されていて、
なんでだろ?と思っていましたが、
アートと自然って合わさるととっても面白い!ということが実感できました。

機会があればまた行きたいです。

|

軽井沢風越山植物観察会

先日4月29日に開催された軽井沢町植物園の風越山植物観察会に参加してきました。軽井沢町は隣町という事もあり、毎年1件程度は植物調査のお仕事をする機会があります。今年も1件、現場をやっています。

風越山の麓に広がる旧射撃場跡の半自然草地は「風越鷲穴半自然草地」として町の文化財に指定されたそうです。当日はサクラソウが咲いていましたよ。

P4291996_2


観察会の参加者は50名程度。大盛況でした。風越山頂上に向かう登山道沿いには、フデリンドウやタチツボスミレ、アカネスミレ、アケボノスミレ、チシオスミレなどが咲いていました。タガネソウも花がついている個体がありました。今年は春が早いですね。

P4291969

植物園から風越山頂上までは徒歩で20分位ですが、植物を見ながら歩いたので1時間程で到着しました。頂上からは北に浅間山、東に矢ヶ崎山が良く見えました。

P4291985_2

帰りに植物園の駐車場沿いの並木。オニヒョウタンボクにしては葉っぱの形が違うかな、と思っていたらハナヒョウタンボクの植栽だそうです。今年は風越に良く来る機会があるので花の時期にまた来てみたいと思います。植物園の観察会も月2回程やっているそうです(なかなか情報が回って来ないので気づかない事が多いのですが)。

P4291997




|

中部横断自動車道開通記念プレイベント

新しくできた高速道路の上を歩く、めったとない機会があり、
行ってきました。 

開通するのは中部横断自動車道の佐久臼田インターから八千穂高原インター
途中のトンネル掘削の際には、古い時代のゾウの化石が発掘されたそうです。
1p3181240_2

小学生の息子と行ってきました。
この子が大人になるころには、日本海(新潟県)から太平洋(静岡県)まで、
高速道路に乗ったまま行ける予定だそう。
まるで夢のよう!
でも、大きな工事になればなるほど、
工事中も、その後も自然環境への影響は大きくなります。。。
便利な社会も、豊かな自然も、どちらも次の世代に引き継ぐためにはどうすればいいか?
そんな難題と向き合うのが、「環境」を仕事にするということなのかなと思います。

会場ではマラソン、ウオーキング、工事車両展示、出店、ステージ発表などあり、
お祭りでした。
1p3181242_2

高所作業車にも乗せてもらいました。 
思ったより揺れました。神妙な顔の息子。
1p3181248_2

高い場所からは浅間山がきれいに見えました。
1p3181258_4



|

リンゴ狩り

弊社(あさま)は

隣町、佐久市の農園のリンゴの木オーナーになっています。
駐車場には静岡や名古屋ナンバーも見られ、
みなさん、遠くから来られている様子。

毎年恒例、社員家族によるリンゴ狩り。

Img_2389

Img_2394

農園にもろもろお任せで、収穫だけ行います。

おかげさまで、おいしいリンゴになりました。

収穫後、リンゴの試食やリンゴジュースを飲ませてもらえるのも楽しみです。

|

今年も落ち葉堆肥をつくりました

毎年秋になると降り積もる落ち葉。

Pb270756_2

弊社(あさま)では落ち葉堆肥にしています。

ここ3年間は近くの鶏糞をもらって、すべて地産地消でしたが、
今年はもらえる鶏糞がなく、落ち葉と米ぬかは地元産になってしまいました。

今年2回目の落ち葉集め
こんなにいっぱいでも一年たつと見た目、1/3以下になります。

Pb270754

昨年の堆肥。

Pb270757

小鳥のエサ用に種取用ひまわりを植えているので、
その堆肥にします。

|

今年のインターン生

今年も夏休みを利用してインターン生が来てくれました。

自然系の学生さんが多い中、文学部の学生さんです。
ある映像を見て、環境保全に目覚めたそうです。

こもろミズオオバコビオトープの外来種(エゾノギシギシ)の抜き取りと
田んぼの除草、
佐久の大沢一丁田のカヤネズミ調査を手伝ってくれました。
巣は今年も見つかりませんでした。
いつも夏は見つかりません。。。。
P8243562

その他、環境調査業務もいくつか・・・

一番心に残ったのは、ビオトープの維持管理(草取り)だそうです。

他にもいろいろな仕事を体験して、ぜひ環境に関わる仕事についてくださいね。

|

いきものにぎわい講演会

寒い日が続きます。
こんな日は屋内で学びの時間を過ごすのもいいですね。

弊社で事務局をしている東信自然史研究会からのお知らせです。

東信自然史研究会では生物多様性とその地域戦略について学ぶ講演会を行います!

「いきものにぎわい講演会
~市町村の生物多様性地域戦略の策定に向けて~」
2月26日(日)13:00~17:00
佐久市交流センター2F第5会議室
詳しくはこちらをクリックで大きくなります。

2




佐久市で進行中の生物多様性地域戦略の策定について、
市民の立場から学び、より実効性のある戦略にしていこうという思いから開催します。
佐久市の話題ではありますが、どの市町村でも生物多様性保全は不可欠な課題です。

生き物や自然に興味がある人はもちろん、
「まちづくり」や「地域振興」に興味があるア・ナ・タにもおすすめです。

|

落ち葉堆肥

初冬になりました。
御代田事務所の林も葉を落としてスッキリ。
Pc012408
大量の落ち葉がもったいないので、
毎年落ち葉堆肥を作っています。
Pc012409
コナラ、クリ、ミズキ等々の葉っぱ、
近所の精米所の米ぬか、
近隣の養鶏場の発酵鶏糞を積み重ねています。
山盛り積んでも1年後には半分以下にカサが減ります。
2年ほど寝かせて、種取用ヒマワリの肥料などにします。
とても大きなサツマイモをもらったので、
焼き芋も作っています。
Pc012410
うまく焼けました!
Pc012411

|

リンゴ狩り

今年も会社でリンゴの木オーナーになっています。

佐久市大沢のリンゴ園でリンゴ狩りをしてきました。
社員の子供たちも一緒です。
Pb192374
今年は木が小さいので2本のオーナーでした。
Pb192377
減農薬で育てられた
蜜の入ったあまーいフジです。
今年は10k箱4つと買い物袋2つ、収穫できました。
Pb192375
落ちていたリンゴもいただいてきました。
リンゴ風呂→野鳥のえさにします。

|

«原寛博士と軽井沢の植物